ホームセキュリティ比較 選ぶならセコム?アルソック?評判はどう?

あなたはホームセキュリティを比較検討していて、こんな疑問をお持ちではありませんか?

ホームセキュリティ比較 選ぶならセコム?アルソック?評判はどう?

  • なるべく安くしたいんだけど、契約プランによって何が変わるの?
  • 自分の希望に合ったホームセキュリティ会社とプランはどれ?
  • 同じプランのように見えるけど、警備会社が違うと何が違ってくるの?
  • 値段は多少高くても良いからしっかり対応してくれる会社はどこ?

 

ここではホームセキュリティに関して比較検討している方に、どのようにホームセキュリティを選べば良いのかお伝えします。

 

この記事を最後までお読みいただければ
「ここを基準にして選ぶと良いんだから、自分の場合はこの警備会社のこのプランを選ぶと良いんだな」
と明確に選択していただけると思います。

 

私自身、ホームセキュリティを契約するまでに、いろいろと調査、比較してとても悩ました。

 

その中で何を一番重要視して選ぶべきかが分かったので、お伝えしたいと思います。

 

 

ホームセキュリティ比較 一番重要なことはコレなんです

 

ホームセキュリティ比較 選ぶならセコム?アルソック?評判はどう?

 

ホームセキュリティを比較すると言っても、ほとんどの方は警備会社についての知識は、ほぼゼロの状態だと思います。

 

だから、

  • どこの会社が良い?
  • どのプランが良い?
  • 安いのはどこ?

と考え、ネットで警備会社のホームページや、比較サイト、口コミサイトで調べる方は多いと思います。

 

例えばネットには以下のような比較結果や口コミが載っていました。

  • セコムは警備員の待機拠点が多いから安心
  • 同じ機能の機器を付けるならアルソックが安い
  • セコムは機器の開発を自社でしているから機器トラブルの対応が早い
  • セコムとアルソック両方使ったことがあるけど、アルソックの警備員の対応が良かった
  • アルソックのほうが自分に合った細かいプランが選べた

 

これらはすべて大事なことではありますが、人によって住んでいる環境や条件が違いますので参考にならないかもしれません。

 

しかし、だれにでも共通して重要視するべきことがあります。

 

それは警備員の待機所の場所と警備員の数です。

 

これを知らないで契約してしまうと本当に後悔することになります。

 

ホームセキュリティは初期工事費用が高額です。

 

一度契約したら長くその会社とお付き合いすることになると思いますので、本当に慎重に選びましょう。

 

 

ホームセキュリティ比較 なぜ警備員の待機所が重要なのか

 

ホームセキュリティ比較 選ぶならセコム?アルソック?評判はどう?

 

突然ですが、あなたがもし引っ越すことになった場合、何を基準に引っ越す場所を選びますか?

  • 駅から近い
  • 職場から近い
  • 学校から近い
  • 病院から近い
  • コンビニから近い

人によって条件がいろいろあると思いますが、生活に必要な施設のすぐ近くを選びませんか?

 

なぜなら「すぐそこに行けるから」

 

 

では、警備会社の待機所が近くにあったらどうですか?

  • 外出中に空き巣に入られた
  • 火の消し忘れで火災が発生した
  • 寝ている時に誰かが家に入ってきた
  • 親が自宅で突然倒れた
  • 子供が家で留守番している時に誰かが入ってきた

このような非常時に警備員がすぐに現場に駆けつけることができますよね。

 

また、警備員が少ないと全員出払っていて対応出来ないということもありますので、その待機所に十分な人員が配置されているかも大事です。

 

空き巣、強盗、火災など、トラブルがあってから、現場に到着するまでの時間は1秒でも早いほうが安心です。

 

なので、ホームセキュリティを選ぶ際には警備員の待機所が近くにあり、警備員の数が十分な警備会社を選ぶほうが良いということです。

 

 

ホームセキュリティ比較 自宅から警備員の待機所が近い会社はどこ?

 

ホームセキュリティを提供している会社で有名なところと言えば、セコム、アルソックなどがあります。

 

「それでは、どの会社の警備員の待機所があなたの自宅から近いのか、調べ方をお伝えします」
と言いたいところですが…

 

残念ながら調べる方法がありません。

 

比較サイトや口コミサイトにはもちろん載ってませんし、警備会社のホームページにも載っていません。

 

なぜならセキュリティ上、公開ができないからです。

 

なので、ホームセキュリティ会社の資料請求をして、担当者に自宅付近の待機所の場所や警備員数を確認しましょう。

 

資料請求には複数の会社の資料を一括で請求できる以下のサイトを使うと便利ですよ。

 

5つの項目を入力するだけで資料請求が完了します。

 

↓ホームセキュリティの比較に便利な資料一括請求サイトはこちら↓

 

 

 

ホームセキュリティ比較 まとめ

 

警備会社に一番に求めることは、何かあった時に素早く対応してくれること。

 

なので、ホームセキュリティを選ぶ際には

  • 待機所と自宅の距離
  • 待機所に人員は十分に配備されているか

を一番の選択条件として各ホームセキュリティ会社に確認することで、1社に絞ることができると思います。

 

1社に決めたらあとは営業さんに希望の条件を伝え、自分に合ったプラン、オプションを提案してもらうことで満足のいく契約ができるはずです。

 

まずは一括資料請求サイトから各会社の資料を取り寄せて、担当の営業さんに待機所について聞いてみましょう。

 

↓ホームセキュリティの比較に便利な資料一括請求サイトはこちら↓

 

 

 

 

 

ホームセキュリティ比較 セコムとアルソックのサービス比較

ここからはホームセキュリティ会社大手のセコムとアルソックの比較をしていきます。

 

初期費用・月額費用(戸建て 各社おすすめプラン)

 

セコム (セコム・ホームセキュリティNEO)

 

セコムのホームセキュリティにはレンタルプランと買い取りプランが設定されています。

 

機器レンタルプラン 機器買い取りプラン
初期費用

工事費 58,000円(税別)
補償金 20,000円(非課税・契約満了時返却)

買取システム料金 427,300円(税別)
(工事費込み)

月額費用 6,800円(税別) 4,500円(税別)

 

買い取りプランの場合、初期費用が427,300円必要です。
月額費用が2300円安くなりますが、買取プランは最低13年利用しないとレンタルプランよりも損をしてしまいます。
しっかりと計画を立ててプラン選択をしましょう

 

 

アルソック (ホームセキュリティ Basic)

 

アルソックのホームセキュリティにはセコムと同様にレンタルプランと買い取りプランが設定されており、初期費用が0円で利用できるゼロスタートプランも用意されています。

 

ゼロスタートプラン 機器レンタルプラン 機器買い取りプラン
初期費用

工事費・機器費 0円

工事費 53,000円(税別)
機器費 0円

工事費 53,000円(税別)
機器費 194,600円(税別)

月額費用 7,760円(税別) 6,870円(税別) 3,500円(税別)

 

アルソックの場合、
買取プランはレンタルプランと比べて最低4年8か月利用しないと損
レンタルプランはゼロスタートプランと比べて、最低1年2か月利用しないと損
となっています。

 

 

サービス比較(戸建て 各社おすすめプラン)

 

セコム
ホームセキュリティNEO

アルソック
ホームセキュリティBasic

コントローラー ×1 ×1

防犯センサー
(窓・扉の開閉感知)

×10 ×8

空間センサー
(屋内の人の動きを感知)

×2 ×1
火災センサー ×1 ×1

異常通知ライト
(屋外へライトで異常通知)

×1 ×1
緊急通報ボタン ×1 ×1

 

 

両社のレンタルプランの料金差はほぼありませんが、センサー類がセコムのほうが充実しています。
しかし、買い取りプランで4年8ヶ月以上利用するのであればアルソックのほうが安くなります。

 

センサー類の必要数や利用年数はご家庭の状況により変わってきますので、両者の資料を取り寄せて相談することをおすすめします。

 

↓ホームセキュリティの比較に便利な資料一括請求サイトはこちら↓

 

page top